あきうさハイパー小説ブログ

拍手コメント&感想お待ちしております♪

| PAGE-SELECT |

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイトはてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | コメント(-) | TOP↑ |

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒサルキゲームⅡ設定集はてなブックマーク - ヒサルキゲームⅡ設定集

最終更新 24/03/13

主要法少女紹介
 その他・サブキャラクター紹介はコチラ


第一期 【サクラヴィッツ 


ファースト・ラヴィット
 属性『

         ひさきがみ

変身前【樹上 ゆりな】 変身後【ラヴ スパーク

イメージカラー『黒』 
LEVEL

『ボクは・・・キミの忘れモノ。
 キミが手を離した、あの日からずっと、今までずっと。
 でも、こんなコトになるなら、思い出して欲しくなかった――』



・年齢:9歳/小学三年生

・容姿:黒髪にポニーテール。瞳も黒。

・霊獣:黒虎クロエ

・霊冥:霊冥石零式。黒き太陽。手のひらサイズのオニキス。

・呪文:ぽよよん ぽよん ぽいぽい ぽん

・主な魔法:ライトニング

・得意なファムルス形態:ggressive mode

・集束:藍色の光

・集束時の沈静曲:J.パッフェルベル/カノン
       
・花言葉: 『威厳 純潔 無垢 貴重 純愛 無邪気』

・好きな食べ物:わさビーフ お姉ちゃんが作るロールキャベツ

・好きな飲み物:缶のコカコーラ・ZERO

・キャラクター紹介

 本作の主人公であり、最初の魔法少女。
 手違いで送られてきたパンドラと呼ばれる箱を開け、
 町中に災厄のつまった魔宝石をばら撒いてしまう。

 最初は戸惑ったものの、自分のせいでみんなを不幸にしてしまうのはイヤだと、
 魔法使いになることを決心した。
 パンドラに残った最後の一欠片である大魔宝石『霊獣クロエ』と共に宝石の収集を行う。

 性格はとても明朗快活。とにかく元気いっぱいでいつも楽しく走り回っている。
 誰とでも仲良くなれる才能があり、さらに人一倍の優しさを持つ。

 勉強はからっきしダメだが、スポーツは得意。しかし、水泳だけはカナヅチらしく大の苦手。
  
 両親は仕事の都合上海外に住んでおり、今では姉と二人で暮らしている。
 そのためか、気丈に振る舞いつつも、ときに寂しがり屋な面を見せる。

 理由は不明だが『ワガママ』という言葉になんらかのトラウマを持っている。 
 困ったときや、考え事をする際に『ふえぇ』や『ふみぃ』『ほよぉ』といった口癖を多用する。
 クロエ曰く、歴代魔女を軽く凌ぐほどのバケモノじみた魔力が眠っているらしい。
 

・所有模造魔宝石
 
 1.ネオン(照明) 2.ホバー(停空飛翔)



セカンド・ラヴィット 
属性『

変身前【ャクヤク】 変身後【ラヴ スノウ

イメージカラー『白』 
LEVEL
『イヤな思い出なんていらねェんだよ。
 全部、なにもかも真っ白に塗りつぶしてやる。
 そうすれば、また最初からやり直せるんだ。きっと――』

i40722.jpg

・年齢:14歳/中学ニ年生 女体化の呪い⇒ 9歳/小学三年生

・容姿:白髪セミロング。瞳は茶。

・霊獣:緑蝶コロナ

・霊鳴:第弐試作型霊鳴石。手のひらサイズのサファイア。

・呪文:ぷゆゆん ぷゆん ぷいぷい ぷう

・主な魔法:スノードロップ アクアサーベル エメラルドダスト 

・得意なファムルス形態:Blocking mode

・集束:緑色の光

・集束時の沈静曲:J.S.バッハ/G線上のアリア
       
・花言葉:『優美 恥じらい 素質 はにかみ』

・好きな食べ物:自分が作る料理

・好きな飲み物:ほぼ原液の濃いカルピス

・キャラクター紹介

 本作のもう一人の主人公であり、二番目の魔法少女。
 ある日、別世界からピースによって強制的に召喚させられた不遇の少年。
 その際に何故か、女体化の呪いをかけられてしまう。

 その呪いを解き、元の世界に戻る為には、ゆりなの行う宝石収集を
 手伝わなければいけないと説得され、しぶしぶ手を組む運びになった。

 とてもあくどい性格で、いい加減。おまけに面倒くさがり屋で金に目がない。
 しょっぱなからクロエに絡みづらいと言われた程の変人である。
 自分で不良と認めており、魔法をどうにか悪行に使おうと常日頃から模索している。
 しかし、父の言いつけ(女子供には優しくしろ)だけは頑なに守っている。

 勉強もスポーツもダメ。だが料理の腕だけはズバ抜けている。

 母親とは幼い頃に死別しており、父親と二人暮しをしている。
 妹もいたようだが、それについてはあまり語ろうとしない。
  
 言い回しが独特で、『いささかに』や『恐縮だけれども』といった口癖をもつ。

 ゆりな程ではないが、星の数ほどある異世界から選定されただけあり、
 かなりのポテンシャルを秘めている。なお、本名は不明のままである。

・所有模造魔宝石

 1.ダッシュ(疾駆)





第一期 【悪】プラムピアニー


プラム 
属性『

変身前【ャオメイ】 変身後【紗華夢 夜紅
イメージカラー『赤』 LEVEL

『あたしの名前も覚えてないクセに。
 あの日の約束も覚えてないクセに。
 ――嫌いなのよ。あたし以外の他人なんて、みんなぜんぶ大っ嫌い!』



・年齢:9歳/小学四年生

・容姿:赤髪ツインテール。瞳は黒。

・霊獣:青狐シロツキ

・霊鳴:霊鳴石零式。赤き月。手のひらサイズのルビー。

・呪文:不要

・主な魔法:coming soon

・得意なファムルス形態:ggressive mode

・集束:青色の光

・集束時の沈静曲:F.ショパン/夜想曲第二番
       
・花言葉:『高潔 独立 厳しい美しさ』

・好きな食べ物:辛いもの キーマカレーまん(ローソン限定)

・好きな飲み物:ドクターペッパー

・キャラクター紹介
 coming soon




今までに見つけた七大魔宝石及びイミテーション一覧



七大魔宝石


・第一番大魔宝石/ラピスラズリ 雷 クロエ 所持者:ゆりな
・第二番
大魔宝石/???
・第三番
大魔宝石/エメラルド 氷/水 コロナ 所持者:シャクヤク
・第四番
大魔宝石/???
・第五番
大魔宝石/???
・第六番
大魔宝石/???
・第七番
大魔宝石/???
 

イミテーション(模造魔宝石)


・第一番模造魔宝石/???
・第二番模造魔宝石/???
・第三番模造魔宝石/???
・第四番模造魔宝石/???
・第五番模造魔宝石/???
・第六番模造魔宝石/ホバー・ザ・ルヒエル 姿:ハチドリ 能力:停空飛翔 所持者:ゆりな
・第七番模造魔宝石/???
・第八番模造魔宝石/ダッシュ・ザ・アナナエル 姿:サメ 能力:疾駆 所持者:シャクヤク
・第九番模造魔宝石/???
・第十番模造魔宝石/ネオン・ザ・コカビエル 姿:ホタル 能力:照明 所持者:ゆりな
・第十一番模造魔宝石/???
・第十二番模造魔宝石/???
・第十三番模造魔宝石/???
・第十四番模造魔宝石/???
・第十五番模造魔宝石/???



主な用語集



霊冥石(れいめいせき):使用者 久樹上ゆりな

魔法を使う際に用いる杖となる石。
どこにあろうとも、その名を呼べば持ち主の手元へと飛来する能力を持つ。

外観は手のひら程の棒状の宝石だが、起動時には1メートル以上もの杖となる。
なお、杖自体の造形は起動する持ち主により千差万別である。

中は空洞となっているが、魔法使いがそれを起動するとそこに霊薬と呼ばれる液体が満たされる。
その霊薬の量は使用者の魔力の残りを示すメーターの役割をしている。

霊薬液(使用者の魔力)の補充に関してだが、一部の例外を除いて
霊冥を海に戻すか、もしくは使用者が食事、睡眠をとるかでしか回復しない。




霊鳴石(れいめいせき):使用者 シャクヤク シャオメイ

霊冥石のレプリカ。オリジナルである霊冥石を模した複製であるが、
極めてオリジナルに近い能力を有している為、霊冥ともほぼ互角に渡り合える。




集束(しゅうそく): 使用可能者 久樹上ゆりな シャクヤク シャオメイ

七大魔宝石の霊獣を通してのみ使用することが出来る
身体能力の向上、及び感覚の鋭敏化。

使用した際は縮瞳し虹彩が輝きを放つ。

極度の精神的疲弊状態に陥るか、余程の生命危機でなければ
発動しないよう制限されている。言わば過剰な自己防衛反応である。




裏集束(うらしゅうそく): 使用可能者 シャオメイ

集束と似て非なるものであり、その発動条件は未だに解明されていない。
集束の何倍もの効能がある代わりに、長くその状態であればある程、失明する危険性が高い。

唯一、自由に発動可能であるシャオメイといえど投薬無しではまともに扱うことが出来ない。
シャオ自身は、この集束のことを裏束(うらそく)と呼称している。

集束の場合、輝く虹彩の色は人それぞれだが、裏束の場合一律として深紅に染まる。




デュアルマジック(でゅあるまじっく): 使用可能者 久樹上ゆりな シャクヤク

通常は単色でしか使えない魔法だが、異なる魔法同士をミックスさせることにより、
様々な特殊魔法へと昇華することが出来る。

組み合わせは七大魔宝石に限らず、
イミテーション(模造石)とも可能な為、何十通りにもなりうる。

未知の力を秘めるこの融合魔法だが、
必ず二人以上の魔法使いがいなければ使用出来ない。



ファムルス(ふぁむるす): 使用可能者 久樹上ゆりな シャクヤク シャオメイ

術者に宿る霊獣(使い魔)を召喚して戦わせるオールレンジ魔法。

それぞれの霊獣により異なる能力を発揮するこの召喚魔法だが、
大別すると、Aggressive modeと呼ばれる攻撃形態と、
Blocking modeと呼ばれる防御形態が存在する。(以後モード、モードと呼称)

一応どちらの形態も使用可能だが、術者や使い魔の相性により、
モードかモードか得手不得手がハッキリしている場合が多い。
極稀にどちらも得意な術者や、幻のモードを扱える術者が存在する。

なお召喚といえど、霊獣の意識の大半は術者に宿り続けているため、
霊獣に直接命令を下すことも出来る。
さらには裏集束時に限り、自らがファムルスを自在に遠隔操作することも可能である。

しかしながら、霊獣との同調指数(仲の良さ)が低下している場合や、
集束及び裏束していない普段の状態では使用が不可能といった欠点がある。




| 魔法少女は俺がやる!設定集 | コメント(-) | TOP↑ |

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒサルキゲームⅡ設定集 サブキャラ編はてなブックマーク - ヒサルキゲームⅡ設定集 サブキャラ編

最終更新 24/03/03

サブキャラクター紹介

学校のお友達


あまつか とうか
使 桃花】 (ゆりな家でのみ、自分をももはと呼ぶ)

『こんな幸せな時間、きっと長く続かない。
 なんか・・・そんな気がするっちゃ』

 
・年齢:9歳/小学四年生 

・容姿:桃色の髪 緑色の瞳
     ももはモード ショートツインテール
     とうかモード 髪留め無しストレート + 桃縁メガネ

・好きな食べ物と飲み物:駄菓子のすもも漬、桃の天然水

・キャラクター紹介

 ゆりなの幼馴染であり一番の大親友。
 四歳のときに北九州市からゆりな家の隣へと引っ越してきた。
 語尾に「っちゃ」をつけるなど、まだまだ北九州弁が抜けないでいる。

 性格はゆりなと同じくとても明朗快活。
 最初は暗かったが、ゆりなが強引に遊びに誘うにつれ、徐々に明るくなっていった。

 無類のピンク好き。そして、特撮好き。よくヒーローの変身ポーズを真似したりしている。
 だけど、世界で一番好きなのは「ゆりな」。
 毎日屋根を渡って遊びに来ている程、ゆりなが大好き。

 しかし、そういった活発な素の姿はゆりなの前でしか出さない。

 学校生活では親の厳しい英才教育を受けてか、お嬢様キャラを一貫して演じている。
 飄々としながらも、決断を迫られたときにはズバっと決断し、何事も解決する彼女に、
 先生を含めクラス全員から全幅の信頼を集めている。
 男子よりも、女子からの人気が勝っており、親衛隊がつくほどのカリスマを持つ。

 勉強もスポーツも得意。だが、料理は大の苦手。



 

| 魔法少女は俺がやる!設定集 | コメント(-) | TOP↑ |

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。